闇金は違法?警察が頼りにならない訳とは

闇金とは、貸金業法に違反している業者の事を指します。

 

闇金は確かに違法となりますが、金融規制が改正され、多重債務者や本当に生活に困窮している方を更に追い詰める事態になっているケースもあります。

 

その様な状況で、闇金を利用せざるを得ない状況下に置かれる方も増加している中、闇金からお金を借りて関わってしまったら、どうしたら良いのでしょうか?

 

闇金からお金を借りる時は、その方法以外に術が無いからです。

 

確かに、借りたものは返さなくてはいけません。
ですが、その「当たり前のルール」を盾に闇金は違法な取り立てや嫌がらせをおこなってくるのです。

 

闇金問題を解決するには、まず闇金がどういうものなのかを理解しておきましょう。
何度も言いますが、闇金は「違法」です。

 

本来ならば、闇金から借りたお金に対して返済義務はありません。
そもそも、貸金業法に則っていない利息でお金を貸しているわけですから、契約は成立しないのです。

 

中には、利息分だけを支払わせて完済させないという悪質な闇金も存在します。
ですが、そのほとんどの闇金は儲け重視でお金を貸します。

 

闇金は、長く利用をする事で利息から利益を出しています。
普通の闇金でしたら、返済を滞納しなければ嫌がらせには及びません。

 

では、闇金被害とはどのような事を言うのでしょうか?

 

・闇金とわからず、お金を借りてしまった
・闇金とわかってお金を借りたが、完済させてもらえない
・完済後もしつこい勧誘がある
・元金は完済しているのに、それ以上に支払いを要求されている

 

このような状況に合っている場合は、迷わず闇金専門に取り扱っている法務事務所に相談しましょう。

 

闇金被害に合った場合、真っ先に思い浮かべるのが「警察」です。
ですが、闇金被害者からよく聞くのが「闇金相談をしたけれど、警察は動いてくれない…」という声です。

 

なぜ、警察は頼りにならないという事態になってしますのでしょうか?
闇金は「刑法」の盲点を潜り抜け「民事不介入」の域で嫌がらせをしてくるからです。
警察は、何かあってからでないと動いてはくれません。

 

民事不介入の原則により警察は相談を受け付けても解決まではしてくれないのです。

 

ここで、実際にあった警察の対応をご紹介したいと思います。

 

 

 

実例1

 

闇金の取り立てに恐怖した債務者は、警察署での対応を要求しました。
闇金はたじろいだものの、債務者の案に応じ警察署へ同行しました。

 

いつも通り、取り立てを警察署の前でおこない、債務者は警察官へ助けを求めましたが、警察官は困った顔で「借りたものは返した方が良いのでは?」と仲裁をするだけで終わりました。

 

 

 

実例2

 

高額な利息から支払いができなくなり、嫌がらせや取り立てに合っていた債務者は警察所へ相談に行きました。
ですが、担当した警察官は聞き流すだけでまともに話すら聞いてくれない始末。

 

何とか食い下がり、被害届を提出したが警察官からは「自業自得、闇金は違法でそれを承知でお金を借りたのだから同罪だ」という言葉を投げかけられただけで、相談しに行ってたった15分で警察署を後にしました。

 

全部が全部警察署でこのような対応をされるわけではありませんが、ほとんどの場合がまともに相談には乗ってくれません。

 

仮に、相談に乗ってくれパトロールをしたとしても、24時間自宅近辺をパトロールもらうのは不可能です。
それどころか、闇金に警察へ相談しに行ったという事がバレてしまい、更に嫌がらせが酷くなるケースもあります。

 

では、警察に頼れないのならば、どこに相談をすれば良いのでしょうか?
上記でも少し触れましたが、闇金を専門に扱っている法務家に相談しましょう。

 

警察は「刑法」の管轄であり、闇金問題は「民法」の管轄なのです。

 

「民法」を駆使して闇金の急所を捉えてくれる法務家は闇金の天敵なのです。

闇金に強い法務事務所とは

ここで、押さえておきたいのが「闇金問題は、闇金専門の法務家に相談する事」です。

 

なぜ、こんなにもしつこく「闇金専門」という言葉を使用するのかと言うと、実はあまり知られていませんが「破産」「任意整理・個人再生」など、債務整理を扱う法務事務所では闇金問題は取り扱っていない場合が多いのです。

 

もし、それを知らずに相談しても「うちでは取り扱っていない案件です」と依頼しても受任してくれません。
その理由の一つとして、闇金関連の案件は利益が低く、悪質な闇金の場合は担当者に嫌がらせがいく事があり、事件に発展するケースもあるからです。

 

最近では、インターネット上で名指しの誹謗中傷を書いたり、闇金被害者を装い評価を下げるような書き込みをしたりします。

 

仮に、口コミを削除したとしても悪いイメージは拭う事は難しく、中傷は事務所の信頼にも繋がってしまうので、避ける法務家が多いのです。

 

いざ、闇金相談をしようとしても、何も纏まっていない話をしていては法務家も現状を把握するまでに時間がかかり、闇金問題の早期解決には繋がりません。

 

話をスムーズに進めるためにも、相談する前にある程度準備をしておくようにしましょう。

闇金相談をする前に準備するもの

・闇金業者の連絡先(固定電話でなくても、携帯でも可)

・入金されている金融機関の通帳

・初めて借りたのはいつか、元金や利息など支払った金額をまとめたもの

・契約書や領収書

・取り立て電話を録音したもの(あれば)

 

以上のものをわかる範囲で揃えるようにしましょう。
闇金被害は、状況が切迫している場合が大半です。

 

緊急に対応できるようにフリーダイヤルを設置し、担当者が24時間の電話やメール対応が出来るように待機しています。

 

相談料は無料で、何度でも利用可能なのでじっくり相談する事もできますし、早急に闇金問題を解決したいという場合は、上記のものを揃えたうえで相談すれば話が早く進みますし、担当者も解決法を見つけやすくなります。

 

闇金被害は心身ともにダメージが大きく、ノイローゼになる人も居るくらいです。
ですが、闇金の相談となると知人には相談し辛く、解決を望んでも費用や解決後の支払いなどいくつもの壁が立ちふさがります。

 

そんな状況下でも、闇金相談事態は無料なのですから、専門家に話を聞いてもらい解決法を提示してもらうだけでも気分は和らぎます。

 

実際に相談して「深夜にかけたにも関わらず、親身になって話を聞いてくれ気持ちが楽になった」と言い、相談をきっかけに闇金から抜け出そうという活力に繋がる人も多くいます。

 

また、闇金解決後も費用の分割払いや後払いにも柔軟に対応しているので心配はいりません。
当サイトでは、闇金問題を熟知した法務家を紹介しています。

 

解決実績も多く、対応もしっかりとしているばかりかアフターサービスまで充実しています。

 

闇金の手口を把握しているからこそ依頼が受任されると最短1日で取り立てはストップしますし、解決後の報復も回避できます。

 

法務家がしっかりとサポートしてくれるので、解決まで安心した生活が送れますし、無くした日常を取り戻す事ができますよ。

 

事務所によっては、闇金問題の解決だけでなく生活再建のサポートや手続きまで詳しく教えてくれる所もあり心強い味方となってくれます。

 

闇金問題でお困りの方は是非1度相談をしてみてください。
救済の第一歩として、愚痴を話すだけでも良いので電話してみてください。

 

きっとあなたの救済に繋がるはずです。